里山の意味

最近「里山」という言葉がよく使われるようになりました。


使い過ぎて本来の「里山」の意味が失われて、なにか森林みたいな風景などが里山と紹介されている場合をみかけるようになりました。


里山というのは本来、大自然や原生林の意味ではなく、人が住んでいるとことろ接した結果、生態系が人の影響を受けた山のことを言います。


村落の風景などが里山の風景というものでしょうね。


昔懐かしいということを言い表すのに使うことが多いですね。