人間の立ち位置

自然を救え!的な発言は人間が自らの立ち位置を勘違いしている証拠なのです。
自然を破壊するということは、人間が自分たちの生存できる環境を自分たちで破壊しているということなのです。
自然を救え!というのは、まず人間ありきの上から目線的な考えでして。
自然に生かされているという根本的なことが理解されていないのです。
人間は地球に関しては全て理解したように思っていますが、人間が地球に関して理解しているのはリンゴの皮にも満たない領域でありまして、いまだ地球内部のメカニズムは解明されていないのです。すべて推論の域を出ていないのです。
その地球の上で自然を破壊し続ける人間ていう生き物。
地球に生かされているという意識を持たなければならないと思います。