形式が無いのが形式

「イギリスの庭園ってどんな形式なんですか?」
というご質問があるのですが・・・
「形式が無いのが形式」
という返答になってしまうのです。
イギリスの庭園は別名「風景庭園」と言いまして、自然美をそのままお庭に移したようなものなので、自然に形式はありませんよね。
ガーデニング雑誌などで「英国式庭園」「イングリッシュガーデン」はこうだ!的な特集があり、私も好きなので読むのですが・・・
なかなかイギリスでも見られないようなガーデンが掲載されています。
要はそのガーデンを作られたガーデナーさんが思うイングリッシュガーデンなので、それが形式だと思われたらイギリスに行ったらガッカリきますよ。
英国王立園芸協会のガーデンでもなかなか見られないようなイングリッシュガーデンを作られるガーデナーさんが日本にはおられますが、それがイギリスに同じようなガーデンが存在するかといえば別問題となりますね。
実際、ほとんど見かけませんでしたね。
ルールと言えば、ただ一つ、植物が伸び伸びと成長して風景を作るというものだけですね。