森の民族

二酸化炭素抑制ブームにおいて山の木を切らなければ、木々は光合成して二酸化炭素を吸収してくれる!という間違った認識で「割り箸」が迫害されました。
子供たちは、その成長期にはモリモリ食べますが、お年寄りがモリモリ食べるということはありませんよね。
木でも同じなんです。
成長して背が高くなった木々は光合成しません。
この光合成しない木々が生い茂り、光合成したい若い木々が欲しい日光を遮っています。
年老いた木々の根は細り、若い木々も日光が当たらず根が強く育たない。
こうして山が死にかけ、土砂災害の原因になっているんです。
もっと山の木々に目を向けるべきなのです。
日本人は森の民族なのですから。