手描きデザインが出来るまで

1:検討・下描き段階

ガーデンデザイナー石川 ガーデナー石川 広島 ガーデン

初回打ち合わせで皆様からお聞きした「ご要望」「理想」「ご予算」「家族構成」「車の台数」などなどを考慮しまして、まずは鉛筆で検討します。

この段階で「お子様がおられる場合」は庭育のポイントを取り入れます。

子育てが終わられている方は「素敵な夢」が見れるガーデンのポイントを優先させます。

皆様の生活環境によって検討するポイントも大きく変化していきます。

 

この段階でほぼデザインが確定する重要な工程です。

漫画家さんで言うなら「ネーム」「下描き」の部分だと思います。

さらに詳しくはコチラ

2:ペン入れ段階

ガーデンデザイナー石川 ガーデナー石川 広島

下描きが終わりましたら「ペン入れ」作業へと入ります。

これはデザイナーさんによって何を使うか様々なのですが、私は

・コピックマーカーの0.1mm、0.2mm、0.3mm、0.5mm、1.0mmの5種類

これを使い分けていますが、最近はもっと繊細な線を描きたいのでGペンや丸ペンを使用しています。漫画家さんが使う道具ですね。確かにシャープな線が描けて力具合で線の太さを調整できるので時間短縮にもなっています。

このペン入れ中も「これがベストなのか?」と考えながら描いておりまして、なんか納得いかない場合は廃棄して描き直しております。

3:ベタ入れ

ガーデナー石川 ガーデンデザイン 広島

ペン入れが終了したら、いったん遠くからデザインを眺めます。

どうしても2次元ですので立体感が無いのは仕方ないのですが、これに影を付けることで少し立体的に見えるようになります。

 

これはコピックマーカーのBMを使ったり、最近は筆ペンの濃墨と薄墨を使ったりします。

葉の裏やポストやフェンスの下などに影をつけていきます。

 

この工程は作業と言えるほどの時間は要しませんが重要なのです。

4:着色

ガーデンデザイナー石川 ガーデナー石川 広島

ペン入れ、ベタ入れが完了しましたら次は着色です。

これに使用する画材は

・コピックマーカー

・水彩色鉛筆

・クレヨン

・色鉛筆

・パステル

この5つを組み合わせて色をつけています。

ラフデザインの場合はコピックだけで仕上げることが多いのですが、ガーデンのデザインの場合は総動員しますね。

5:完成

ガーデンデザイナー石川 ガーデナー石川 ガーデン 広島

これで完成なのですが、完成してからもやはり再度検討しています。

これをお客様にプレゼンしても良い商品なのか?ですね。

ガーデンデザインというのはイラストではないので描いたものを実際に作らなければなりません。

自分がその家に住んだ気持ちで、様々な動線を再確認します。

駐車場から玄関まで最短かな?などなどですね。

 

自分なりにOKが出たら、いざプレゼンです。

デザイン集を見る