京都アニメーションの。。。

昨日発生しました京都アニメーション放火殺人事件。犠牲になった33人はこれからのアニメ業界を牽引していく情熱と才能を持っていた人材だと聞きました。
アニメ業界、業務を外注するところが大半の中で京都アニメーションは全て自社で行い、そのための人材育成に力を入れ、業界では珍しく固定給にし、労働環境を良くし、アニメの品質向上を目指していた会社だといいます。
人材というのは人財とも書き、1日2日で育つものではなく、育てる側も育つ側も日々努力をして長い年月かかるものなんです。
それがこのような形で一瞬にして失われたのが悔しくてたまりません。
亡くなられた皆さんのためにも京都アニメーションはこの悲しみを乗り越え、素晴らしい人材を育成し、アニメ業界を牽引していって欲しいと思います。