まだ地球温暖化を叫ぶのか?

「環境汚染なら打つ手はあります。かたや温暖化はまったくの別物。CO2が何をするのかつかめたと研究者はいいますが、とうていその段階にはなっていません。そもそも、植物の生育を助けて地球の緑化を進め、人類社会をも豊かにするCO2を減らそうというのは、正気の沙汰ではないでしょう。気候を理解したというのは、気候学者の思い上がりにすぎません。」
米国プリンストン高等研究所の物理学者「アインシュタインの後継者」と評されるフリーマン・ダイソン博士の発言です。

賢い日本企業は地球は温暖化していないことに気付き「地球温暖化」から「エコ」にシラッと切り替えています。
しかし、いまだに地球温暖化を叫ぶ専門家がおりますが、見ていて恥ずかしくなります。