ガーデン日誌202006.22 箱の中の失落

ガーデン日誌202006.22 ガーデナー石川記録

新型コロナ後の世の中はどのように動くのか?をよく耳にします。
私はガーデン屋なので今まで庭に目を向けてなかった人や、庭の工事を単に物を作るだけと考えていた人たちに、自分たちが生活する上で大切な位置にある空間だという視点でもう一度、庭に目を向けて欲しいな、と言いますが。
世の中全体を考えると、大都市離れが加速するのではないかなと思ったりします。
人間が作り出した巨大な構造物に囲まれた大都市は、ある意味で人間を閉じ込めている箱のようなものだと思うんです。
身体が変調をきたせば病院へ行くが、医者は身体だけを治そうと薬漬けにする。身体を壊しに病院へ行くみたいなものです。医療従事者は我が子にはなるべく薬は飲まさないと言います。体に悪いのを知っているからです。
病気は身体面と精神面の調和が崩れたものを言うそうです。病は気から、とも言います。
今回のコロナで都市は封鎖されて、箱に閉じ込められ、自分たちの置かれている生活環境を見直す機会となり、地方へ移動する決定をした方も多いと聞きます。
正解だと思います。