中国からの謎の種に関して一切何も触れない庭業界に違和感大

中国からの種に関して造園業、外構屋さん、エスクテリア屋さん、花業界、緑化業界、どの業界、ほとんどの業者が一言も触れません。
遺伝子操作された種が検疫も受けずに国内に郵送されているだけでも日本の生態系を狂わせる可能性が大きい脅威であることは一般の方でも分かるはずなのに、専門がいっさい触れない異様な光景。
家族が楽しめる庭空間、癒しの庭空間をうたうのなら、それを脅かす事が起きているわけですから一番に反応して、みなさんに警告、注意をするのが本当だと思うのですが、やらない、触れない。
物を売るだけの業界になっているのが分かりやすいです。
送りつけられている国は
日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスの5ヶ国。
ピンときた方、正解です。
中国の侵略行為に対抗する5ヶ国で、ファイブアイズと呼ばれる軍事・情報共有共同体です。