中国によるハリウッド侵略完了

「いずれ007ジェイムス・ボンドも中国人になるんじゃないか?」とハリウッドでジョークが飛ぶほど、中国資本がアメリカ映画業界に入ってきています。中国は民間企業=政府ですから、実質的にハリウッドは中国に占領されてしまったわけです。
だから不自然に舞台が中国になったり、中国人がオーバーリアクションで作品を台無しにしたりと残念な映画が急増している訳です。
MEGザ・モンスターみたいなやつですね。
これは全世界を中国化するという計画の一環で映画の世界も中国化しようとするものです。
ハリウッドは中国のお金欲しさに、作品やキャストの検閲を受け入れているそうです。
だからハリウッド・スターは黒人差別に声はあげても香港の事態に関してはスルー。
中国は世界の敵と認定したトランプ大統領の批判を必死にするハリウッドスターをよく見かけますが、これは仕事が欲しいからです。中国の批判をしたら検閲に引っかかるので決して言わない。日本の芸能人と同じパターンです。 
悲しいですね。
国がどうであろうと芸術や映画などの分野は別だと思うし、そうあるべきなのですが。
中国は全世界を中国化するための武器にしています。韓国も真似して韓流アイドルや韓流映画を世界に輸出していきました。韓流というはのは国家事業なんですよ。いまもうお金が尽きて無理みたいですが。
悲しいことをやる民族だなと思いますね。