中国の裏工作

アメリカ大統領選、バイデン氏優勢!
自民党総裁選、国民の人気では石破!
テレビなどメディアではこう報道していますが、正確には「そうなって欲しい」という願望で、見てる人を誘導しているんです。
誰の願望かといいますと、もちろん中国ですね。
いまトランプ大統領は中国を「文明の敵」と指定、いま徹底的に中国を潰しておかないといずれアメリカ国民は中国語を話すことになると危機感を持っています。
だからいま中国は11月の大統領で対立候補であるバイデン氏を勝たせようとあらゆる工作をしているんです。TikTok禁止もその流れにあります。
バイデン氏は認知症の疑いもあり、中国の自由になる人なので、極端に言えばアメリカという国の存亡がかかっています。
日本のマスコミが石破さんを推すのも同じ理由です。中国のロボットのような方が総理大臣になれば侵略がスムーズに進みますからね。
中国の危険性と世界侵略阻止をトランプ大統領にレクチャーしたのが安倍総理です。
アメリカ、日本、台湾、オーストラリア、イギリス、インドの中国包囲網も安倍総理が以前から構想していたもので、日本は憲法上や与党内に中国に内通している二階幹事長のような方がいますので先頭を切って動けませんからトランプ大統領が動いてるんです。
また新型コロナは中国の武漢ウィルス研究所で人工的に作られ意図的に世界へ拡散された事実もあり、トランプ大統領は中国に責任とらす!って激怒してますからね。
中国としたら戦争したら負けますからね。なんとかトランプ大統領を選挙で負けさせたい訳です。
日本のテレビの見方としては天気予報以外は事実が曲げられていると考えると面白いですよ^_^
まぁ、天気予報もあてにはなりませんが(笑)