韓国映画・生きている

Netflixの韓国映画「生きている」は面白かったな。映画「新感染」にしても韓国はゾンビ映画作るの上手だなぁ。
韓流ドラマは見てないけど、うちの母親など「この朝鮮人が泣かせるんじゃ〜昔のドラマ見よるみたいで懐かしい」って感じでよく見てた。
昔から香港映画や韓国映画は独特の色彩美があって好きでよく見てたんだけど、だんだんあからさまに政治が介入してきてるような作品を作り出したから嫌な感じ。
国の予算を取って作り出した韓流ブームも、国の予算が底をついて民間企業サムスンにお金を借りるくらい経済が破綻した韓国、ウォンは紙切れ寸前。

日本人は下等な民族、残虐な人種だと徹底的に教え込む反日教育により嘘の歴史を本当にあったかのように語るかわいそうな韓国の若者たち。
若者たちに罪は無いが。
自分たちが選んだ大統領は実はガチガチの共産主義者で韓国の経済を徹底的に破壊して北朝鮮レベルまで落として南北統一を果たすのが目的の人間だと気付いた時はもう遅かったですね。

「日本が好きだ」と口に出すと「親日罪」、以前日本と親しくしていた韓国人のお墓を開けて遺体を引きずり出して辱める法案も可決。
日本人が作った建物や植えた木も撤去中。ハングル語も日本人が作ったんだけど、どうするんかね(笑)鉄道、道路、学校も全部壊すのかな。
朝日新聞が作り上げた嘘である「従軍慰安婦」を熱心にお金儲けの道具として騒ぎ、しまいには仲間同士でお金の取り合い。自分たちが応募して殺到したのに強制的に労働させられたって嘘をつく自称・徴用工のみなさん。
せっかく良い映画などで文化交流ができているというのに悪意に満ちた事をやり続ける韓国。
このままいくと間違いなく、ここ1年、2年の間に国交は無くなるでしょうから韓国製品が好きな方はお早めに備蓄を(笑)