英語の先生が大麻で逮捕?

「アリ先生が逮捕されたんよ」と昨日長女がボソっと言いまして。
我々の世代、アリと聞いたらモハメド?って思ってしまいますが。
このアリは学校の英語の先生みたいでして。
廿日市市の小学校で英語を教えてるアリ・アーマッド・アブドラ先生。ニュースでは塾講師になってましたね。
アブドラと聞いたら、ブッチャー?って思ってしまいました。
アリにブッチャーに賑やかな名前だなぁ。
この先生が自宅でご夫婦で大麻を栽培していたのをガサイレで逮捕されたとのこと。
本人は「売るために栽培してたんじゃない、ガーデニングだ!」と言いはっているようですが。無理ですね。
「先生が逮捕って、ありえん」
学校ではこの話題で持ちきりだったようです。
どうも大麻を買う側ではなくて売る側の組織の末端らしく罪は重いですね。
しかし子供たちからは人気というか面白い先生だったらしく。
うちの長女は「頭がメロンパンみたいで、いつも美味しそうだな〜って見よたんよ」って(笑)
大麻の売人が学校の先生って。
英語の外国人教員って誰でもなれるのか?って驚きました。