森会長発言のどこが女性蔑視なのか分からない

 なんか恐ろしい世の中になっていますね。
森会長の発言の一部分、しかも本人が言った訳でもない言葉を切り取って朝日新聞が「女性蔑視だ!」と火をつけてワイドショーなどメディア、人権活動家、野党が大騒ぎして「集団リンチ」ですよ。
森会長はラグビーを始めスポーツ推進に熱心に取り組まれてきた素晴らしい方です。
オリンピックも会長職を無報酬なら引き受けると言われたが規定があるため最低の報酬を受け取り、それも自分のためには使わないと。
さらに体調が悪く人工透析をされながらオリンピックにつくされてきた功労者になぜこのような酷いことができるのか。
こんなことが許されていいのか。
どのような人たち、組織が森会長を責め立て辞任に追い込んだか見ておきましょう。
以下に朝日新聞が切り取る前の全文を記します。女性蔑視などない、森会長は女性を積極的に採用していると言っているのです。

【3日のJOC臨時評議員会での森喜朗氏の女性を巡る発言】
 これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を4割というのは文科省がうるさくいうんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかる。女性がなんと10人くらいいるのか今、5人か、10人に見えた(笑いが起きる)5人います。

 女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、それでみんな発言されるんです。結局女性っていうのはそういう、あまりいうと新聞に悪口かかれる、俺がまた悪口言ったとなるけど、女性を必ずしも増やしていく場合は、発言の時間をある程度規制をしておかないとなかなか終わらないから困ると言っていて、誰が言ったかは言いませんけど、そんなこともあります。

 私どもの組織委員会にも、女性は何人いますか、7人くらいおられますが、みんなわきまえておられます。みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですからお話もきちんとした的を得た、そういうのが集約されて非常にわれわれ役立っていますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです。