農村部の子供たちは

農村部の子供は落ち着きが無く、凶暴で、障害者が多い。。。
こんな馬鹿みたいなこと言う教育関係者がいます。
「100ます計算」「陰山メゾッド」で有名な立命館大学の陰山英男氏がSPAの対談で言われていました。
要約すると
・特別支援学校に入る子供が農村部で圧倒的に多い。原因は農薬、米に蓄積されたカドミウムではないか?
・農村部の子供たちは落ち着きが無いどころか暴力的。凶暴な小学生が問題になっている。
・子供に異変があると農薬のせいかと思ってしまう。
こんな感じです。
陰山氏は対談の中で「はっきりはしませんが」「思いたくなる」と言う言葉をしきりに挟み込んでます。
つまり何の根拠も無いんです。
根拠も無いことで農村部の子供たちに対してこんな酷いことをよく言えたものだと、怒りを覚えます。
なぜこんなことを言うのか?
対談の中でしきりに「農薬が〜」「食生活が〜」と口にしていました。
「子供」「農薬」「食生活」というキーワード。
ピンときた方、正解です。
「学校給食に有機野菜を!」の一環なんですよ。
農薬を使った野菜を食べてる農村部の子供たちは落ち着きが無くなり暴力的、凶暴化している。
だから安全安心な有機野菜を給食に。
え?国内では有機野菜は安定供給できない?
じゃあ全部海外から輸入しましょう。 
という国内農業を混乱させて弱体化させる活動ですね。
子供までダシに使ってデタラメを流すという卑劣なことまでやり始めたようです。
リンクを貼っておきます。
農村部、農業関係者は怒ったほうがいいですよ。
https://nikkan-spa.jp/1762547

#農村部
#農業
#有機野菜
#農薬
#子育て
#育児
#こども
#給食
#学校給食