石原慎太郎氏死去

石原慎太郎氏が亡くなられた。
日本を愛し、日本人のために尽くされた方でした。
大学時代に氏の著書「NO」と言える日本を読んで衝撃を受けまして、色々と世の中のことについて考えるようになりましたね。
「太陽の季節」「狂った果実」などの小説や三島由紀夫との対談など記憶がありますね。

日本人のため中国、韓国、アメリカに対して言うべきことをきちんと言える最後の政治家だったかもしれない。

朝日新聞の記者に対して「俺はお前の会社嫌いなんだよ、朝日新聞はウソばかり書くから」と言い放ち
毎日新聞の記者に対して「バカなこと言うな!お前ら!お前ら日本人か!?」と怒鳴り
自民党に対しては「公明党は必ず自民党の足手まといになりますな」と予言し的中
民主党議員に対して「靖国神社に参拝しない?日本人じゃないね」と言い
福島原発事故から帰還した消防士たちに涙を流しながら「本当にありがとう」と出迎えた。
小池百合子都知事に対して「大年増の厚化粧がいるからな。私はあの人は大嘘つきだと思います」と正体を見抜いていた。

先の戦争は我々のひい爺さん、ひい婆さん、おじいさん、おばあさんが子供たちのために必死に日本を守り抜いた戦いだったと、きちんと言ってくださっていました。

まさに国士でした。

残念です。
哀悼の意を表します。