英国病

「英国病」というのがありました。
イギリスかぶれという意味ではないです(笑)
かつてイギリスでは子供たちに過去の大英帝国時代の華々しい歴史を教え、自分たちの国はこんなに素晴らしいんだ!だから今のイギリスがあるんだ!自分たちの国に誇りを持とう!と教えました。
子供たちは自信を持ちイギリス人であることに誇りを持ち、世界に対して堂々とした態度で臨みました。
しかし、左巻きの教育改革により
イギリスは過去にこんな悪いことしましたよ〜侵略して植民地にして、あんな悪いことしましたよ〜周辺諸国に迷惑かけましたよーと悪いことばかり教えるようになりました。
子供たちは自分たちは悪い国に生まれた。
イギリス人であることが恥ずかしい。
と自分たちに自信が持てなくなりました。
結果、子供たちがどうなったかというと
自己否定、不登校、いじめ、学習意欲の低下、なぜ働くのかわからないから社会に出ても勤労意欲が低い、さらに働かない若者増加、自分の国を守る意識が低下、こんな国で子供を育てる自信が無いと結婚率、出産率低下。
自虐教育により国が傾く、これを英国病といいます。
これでは国が滅びる!って歴史教育を見直したのがサッチャー首相です。

この英国病をキラキラした目で学習したのが
文部科学省と日教組ですね。
よし、これを日本の学校教育に導入しよう!
それがいまの日本の歴史教育。
日本はこんな悪いことしました〜周辺諸国に迷惑かけました〜
いじめ、不登校、ニート増加など目的どおり急増しましたね。
根本的原因はこの歴史教育にあります。
自分たちが生きている国に自信、誇りを持てない人間を量産しています。
だから自分たちの国を守ってくれている自衛隊を平気で差別する異常な大人がいるわけです。
イギリスの例を見たら間違いないと思います。
日本の歴史教育を正常なものに!と活動されている人たちがいますが、なかなか妨害にあって少しずつしか進めていません。
じゃあどうしたらいいのか?
親の仕事です。
「日本ってすごいよね」
を意識して言葉にしましょう。
自分たちは日本人で世界で最古の国に住んでいて、素晴らしい歴史を持っているんだと。
慰安婦や徴用工はすべて作り話であり、日本は周辺諸国に迷惑をかけたことは無く、逆に日本に感謝している国ばかりだとほんとの事を親は教えましょう。