クレームの内容にビックリマークだ!

うちにクレームが!って話じゃなくて(笑)
世の中、驚くことが多い。
出版社が人気の動物パンダの写真を載せて
「ボクを見て!」
と吹き出しをつけたらクレームが来たといいます。
どんなクレームかというと。
「動物が言葉を話すことは無い!お宅のパンダは言葉を話すのか!?」って。
水族館で魚の吹き出しに「水の中って気持ちいいなぁ〜」って書いたら「本当に魚が気持ちいいと思ってるのか?わかるのか?魚の気持ちが!」って(笑)
動物園や水族館の生き物を「彼ら」と書いても問題になるそうな。「僕たち」と書いたらさらにジェンダー活動家が大騒ぎ。
この抗議の根底にあるのが日本動物園水族館協会の倫理規定「過度な擬人化を行なってはならない」。
服を着せたり言葉を話しているような演出は本来の習性を知ることの妨げになるから、というもの。
、、、、、
じゃあ、ピーターラビットを見て「へぇ〜、ウサギって服を着て言葉を話すんだ」と思う人がいるのか?
吹き出しがあるカニを見て「うわ、このカニ、しゃべってる!」って腰を抜かす人がいるのか?
本来、動物に服を着させたりして極端な芸をさせないように、って趣旨が細かいことにまで神経質に拡大していった結果、自粛自粛でそうなっていった面もありますが。
クレームをわざわざ入れる人ってのも何か特殊な思想を持たれた方のように思いますね、普通しませんからね忙しいし(笑)
動物園や水族館は楽しむところなのにね〜